《水周り機器の決定*キッチン》〜キッチンの決定ポイントとは!?~

こんにちは☆24坪の理想の戸建てを手に入れたkaoriです。

初めての方はコチラ~30代共働き夫婦が理想のお家を手に入れるまで~

我が家のキッチン決定しました☆

特徴としてはやはり2列型であるコト!!

IH(コンロ)の油はねを懸念して、IH(コンロ)の前は壁が良い!でもオープンキッチンが良い!!

とのコトでこちらの形となりました

Sponsored Link

《水周り機器の決定*キッチン》~キッチンの決定ポイントとは?!?~

我が家のキッチンメーカーはグラフテクトで決定デス☆

高級キッチンのキッチンハウスの姉妹ブランドでエバルトと呼ばれるキズ、摩耗、汚れ、水、衝撃に 強い素材が使われているそうですヨ(о´∀`о)

グラフテクトのエバルトにも惹かれたのは確かですが。。。

このグラフテクトパッケージプランになっていて、色々なキッチンレイアウトが選べる中、

価格帯が定価で75万円と85万円の2プライス☆

2列型キッチンってそもそも高級グレードのキッチンでしか選べなくて価格が可愛くナイのですが、

こちらグラフテクトを見つけて価格的にも納得して、2列型のキッチン採用の決断が出来ました☆ 

 

グラフテクトは、オーダー高級キッチンのキッチンハウスと言うブランドの中から商品を絞り込みパッケージにしたキッチンです^_^

なので、選択肢はキッチンハウスよりカナリ限られますが、それでもキッチンの形状として、

75万パッケージ(標準機器セット価格)の中から、

☆ペニンシュラキッチン(コンロ横に壁があるタイプ)

 

☆袖壁付きペニンシュラ(コンロの前と横に壁があるタイプ)

 

☆I型(キッチンの前に壁もしくは腰の高さの壁があるタイプ)

 

☆デュエ(2列型キッチン)←私が採用したタイプ

 

☆L型(キッチンの形がL字でキッチンの前に壁もしくは腰の高さの壁があるタイプ)

 

☆オープンL型(キッチンの形がL字でコンロ側に壁がありシンク側はオープンなタイプ)

 

85万円パッケージ(標準機器セット価格)の中から

☆カウンターペニンシュラ(コンロ横に壁がありシンク前で食事がとれる位カウンターが広い)

 

☆カウンターデュエ(2列型キッチンでシンク前で食事がとれる位カウンターが広い)

 

☆アイランド(キッチンに接する壁が一切ないタイプ)

 

☆ポポラート(ダイニングテーブルと一体になったキッチンでコンロ横に壁があるタイプ)

 

☆ポポラートアイランド(ダイニングテーブルと一体になったキッチンで接する壁が一切ないタイプ)

 

こんなにもいっぱい選べます!

そして、特殊な形のキッチンがいっぱいある~

 

お色のパッケージとしては

☆ウォームホワイト(真っ白)

 

☆ウッドホワイト(木目ある白っぽい色)

 

☆ナチュラル(ナチュラルな木目柄)

 

☆ブラウン(茶系の木目柄)

 

☆アルコーズ/ヴェンゲ(天板が石目柄で扉色が濃い木目柄)

の5色展開!!

我が家はヴェンゲ/アルコーズを採用しました。

 

パッケージ価格に含まれる標準機器としては、

☆水栓:節水タイプの浄水器兼用蛇口でシャワーノズルタイプが標準装備

☆加熱機器:ガスコンロ・IHどちらを選んでも同プライス標準装備

☆食器洗乾燥機:浅型食器洗乾燥機が標準装備

☆シンク:天板とシンクはシームレスでお掃除しやすいスクエアなオリジナル板金シンク標準装備

☆レンジフード:アリエッタのモダンなフードが標準装備

☆引き出しがゆっくりしまるソフトクロージング機能が標準装備

追加オプションとしては

☆ガスもしくはIHの機器のそれぞれのグレードアップ

☆グローエーの水栓へのグレードアップ

☆食器洗浄乾燥機を深型へグレードアップ

☆その他小物の追加:水切りプレート・カッティングボード・深型バスケット

が可能です。

 

 

私はオプションとして下記を追加&グレードアップしましたョ

□水切りプレート追加

□洗剤バスケット追加

□グースネック水栓へのグレードアップ

□IHのグレードアップ

それで、最終定価で95万円になりました☆

以上!《水周り機器の決定*キッチン》~キッチンの決定ポイントとは!?~でした☆

Sponsored Link

 

コメントを残す